6 平成27年版 厚生労働白書 序 80ç«  人口減少の見通しとその影響 図表序-1-2 我が国の人口推移 35.4 12.8 9.1 59.7 61.3 50.9 4.9 26.0 39.9 0 10 20 30 40 50 60 70 0 2,000 2010年度国勢調査のデータに基づく 。 人口予測は出生 (中位 )死亡 (中位 )推計を使用した。 東京. 2000年の人口ピラミッド 4. 県において、都市部への人口集中が進むことが予測される(図表Ⅰ-2-1-4)。 図表Ⅰ-2-1-4 都道府県庁所在地の人口集中度の予測 (注) 東日本大震災等により福島市の人口の将来推計は行われていない。 çœŒã®2010年から2040年までの人口推移です。市区町村を選択すると地域を絞り込めます。, ページ作成の処理時間:0.00320秒. 1. 埼玉県の人口の推移 埼玉県の人口は、国勢調査が始まった年の大正9 年から平成27 年まで、一貫して増加してきました。(図1-1) しかし、平成32 年になると埼玉県の人口は、平成27 年よりも減少すると予測されています。人口の減少はそ スコットランドの人口推移 1872年~2018å¹´ (04/13) 北アイルランドの人口推移 1911年~2018å¹´ (04/13) ウェールズの人口推移 1971年~2018å¹´ (04/13) イングランドの人口推移 1971年~2018å¹´ (04/13) イギリス・グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の人口推移一覧 (04/13) ®ã‚°ãƒ©ãƒ•, 2020年の人口ピラミッド(予測), 2025年の人口ピラミッド(予測), 2030年の人口ピラミッド(予測), 2035年の人口ピラミッド(予測), 2040年の人口ピラミッド(予測), 2045年の人口ピラミッド(予測), 人口推移(住民基本台帳ベース), 2020年の人口ピラミッド(実績、住民基本台帳ベース), 世帯数の推移(住民基本台帳ベース), 出生数の推移(住民基本台帳ベース), 住民千人当たりの出生数(住民基本台帳ベース), 収録グラフ数 19 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。), 価格 ï¿¥100 (ダウンロードする場合のみ). çœŒäººå£ç§»å‹•èª¿æŸ» h26.10.1 現在:980,936 人) 将来予測では、 H52年:773,076 人 (日本創成会議ヹ人口減少問題検討分科会 独自推計は、748,946 人) 年少人口、生産年齢人口の 減少により、 県全体の人口が減少、 老年人口は、 増加から維持にサビテ 222,244 フトと予測。 ・年少人口は2040年には8万人を下回ると予測。 ・生産年齢人口は2040年には40万人程度と予測。 ・老年人口は2040年には30万人弱と予測。 å‹™çœã€Œå›½å‹¢èª¿æŸ»å ±å‘Šã€ã€ã€ŒæŽ¨è¨ˆäººå£ã€ã‚’基に作成 16.9% 関西 34.5% 関東 13.5% 中部 35.1% その他 国立社会保障・人口問題研究所による将来推計人口データを基に、高齢者人口として65歳以上人口の推移を、2010å¹´(平成22å¹´)から5年毎に2040å¹´(平成52å¹´)まで都道府県別にランキングしました。 çœŒã®2010年から2040年までの人口推移です。市区町村を選択すると地域を絞り込めます。 国立社会保障・人口問題研究所による将来推計人口データを基に、子どもの人口として15歳未満人口の推移を、2010å¹´(平成22å¹´)から5年毎に2040å¹´(平成52å¹´)まで都道府県別にランキングしました。 1. 人口推移 2. 高齢化率の推移 3. 福井県公式サイト。 政策統計・情報課のページ. 保険施設・居住系サービス・サービス付き高齢者住宅等の定員数の全国平均との比較について、2015年時点では1.5万床以上のプラスだったものが、2025年には2.5万床以上のマイナスに転じ、2050年には3万床以上のマイナスになると予測されています。 人口予測は. äººå£ã¯2025年に9010千人へと減少し(2015年比-1%)、2040年に 8343千人へと減少する(2025年比-7%)ことが予想される。 世界の人口はどう推移する?2050年には97億人、2100年には110億人へー未来人口予測(2019年版) 2019.07.26 これからの社会がどうなるかを考える時に、重要な指標となるのが「人口」です。 【18歳人口】 都道府県別の18歳人口推移予測(平成29~45年度) 大学進学年度 平成29年度平成30年度平成31年度平成32年度平成33年度平成34年度平成35年度平成36年度平成37年度平成38年度平成39年度平成40年度平成41年度平成42年度平成43年度 平成44 年度45 äººå£ã¯2025年に9010千人へと減少し(2015年比-2%)、2040年に 8343千人へと減少する(2025年比-7%)ことが予想される。 2005年の人口 … å‹™çœ 統計局発表の国勢調査等の結果発表に基づいて、人口の多い順に並べたものである。 単位は「人」。 なお、20世紀以前の過去の都道府県別人口については、過去の都道府県の人口一覧を参照。 çœŒã§ã¯ã€æˆ¦å¾Œã€ç”Ÿç”£å¹´é½¢äººå£(15~64æ­³)が増加し、1990年代までは 一定水準を維持していましたが、2000年代に入ると減少に転じました。今後 も、出生数の減少に伴い、生産年齢人口の減少が続くと予測されています。 å‹™çœã€Œå›½å‹¢èª¿æŸ»ã€ ※人口予測は出生(中位)死亡(中位)推計を使用した。 çœŒè—¤æ²¢å¸‚地域の特徴を確認しておきましょう。 平成25å¹´3月27日に、国立社会保障・人口問題研究所より、都道府県別将来推計人口が発表されました。 そこで、政策統計・情報課では、福井県や各都道府県の将来推計人口のポイントについてグラフを用いてまとめました。 23区の人口増加率の推移(2010年の各区の人口を 100とする) 110. 以上 105. 以上 110未満 100. 以上 105未満 95. 以上 100未満 90. 未満 ←実績値 çœŒ の市町村の人口ランキングを作ってみました。 2015年から2045年の人口増減率によって色を付けています。